2019年06月25日

効率の良い練習とは?

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

小学生の生徒さんのお母さまから、「学年が上がり、宿題が増えてきて、ピアノの練習に長い時間確保しづらくなっている。短い時間でも効率よく練習する方法を教えてほしい」というご相談がありました。

●スケール、アルペジオなどの基礎練習を丁寧にすること。(曲ばかり弾かない)
●部分練習をする。(いつも最初から弾いていませんか?)
●ゆっくりでも、メトロノームを使って一定のテンポで最後まで弾く練習をする。(弾けるところだけ速くなっていませんか?)
●自分の演奏を録音、録画し、客観的に聴く。(修正点を自分で考えよう)
●プロのCD、コンサートをたくさん聴く。(理想の音色はどんなですか?目指す演奏なく練習していませんか?)

かなと思います。いつもレッスンでお伝えしていることですね。

愉しく美しくピアノが弾けるように、小学生のうちは基礎を大事にされた方が、一生ピアノを愉しむためには一番効率的だと思います。

急がば回れということです。

全調のスケールとアルペジオを毎日弾いていたら、いざ曲をやる時に、すごく弾きやすいと思います。曲の80%は、隣の音と言いますしね。スケールの時に指使いを大事にするのは、無意識でも最善の指で弾くためです。

あとは、自分は何が弱いのか、どこを強化したらよいのかを考えて練習し続けるということでしょうか。
勉強でも、スポーツでも、同じことだと思います。


-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー


posted by H.I.M.kisarazu at 08:24| Comment(0) | レッスン日記

2019年06月24日

どうしてピアノの音が違うの?

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

先日、生徒さんから「どうして、おうちのピアノと先生のピアノは音が違うの?」と質問がありました。

まず、音色の違いがわかるなんてすごいと思います。

週末のNHKの『有吉のお金発見 突撃!カネオくん』という番組、ご覧になりましたか?

テーマは、「子どもの習い事の定番!“ピアノ”のお金の秘密」でした。

115万円のグランドピアノと1,900万円のコンサートグランドピアノ、何が違うかという実験が興味深かったです。

ポーンと一音鳴らしてみて、音が何秒続くのかを比較していました。
前者は18秒、後者は30秒。
音が長く響くのは、弦が長いからで、余韻が長い分、細かい表現ができるのです。

グランドピアノとアップライトピアノの機能的な違いは、こちらも参考にしてくださいね。

ヤマハ・楽器解体全書
カワイ・グランドピアノとアップライトピアノの違い

ピアノのレッスンを始めるにあたり、最低限必要なものは楽器(ピアノ)です。

できたら、自分の指の使い方次第で音色が変えられるアコースティックピアノだと、練習も楽しいと思います。

中には、「家族に、ピアノの音がうるさくてテレビが聞こえないって怒られるから、(電子ピアノの)ボリュームを小さくして練習しているの」という子もいます。

楽器だけでなく、ピアノの練習音が許容されるご家庭の雰囲気も、ご用意いただきたいものの一つです。


-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー


posted by H.I.M.kisarazu at 14:37| Comment(0) | レッスン日記

2019年06月21日

東京オリンピック チケット抽選結果発表

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

みなさんは、東京オリンピックのチケット、申し込みましたか?
私は競泳の決勝、夫は飛込の準決勝のチケット抽選に申し込みました。
私は落選。

IMG_0906.jpg

でも、夫は当選しましたので、一度は観に行けそうです。

コンサートの生演奏を聴くことと、スポーツを生で観戦することは似ているなと思います。

まず今、同じ時代に生きている人の演奏、競技しか見られないこと。
(今バッハのオルガンの生演奏は聴けませんよね)

生の演奏、競技を目の前にすると、こんなにすごい人と同じ時代に生きていて良かった!と思うこともしばしばあります。

空っぽのホール、競技場でも、時間になると人がいっぱいになり、演奏、競技が始まると拍手や歓声で沸き、終わるとまた空っぽに戻ります。

同じ空間なのに、演奏中、競技中だけは、その場にものすごい熱量、パワーが満ちていることを肌で感じます。目に見えないけれど、生でしか感じられない「気」のようなものがありますよね。

テレビでも観られるものをわざわざ観に行く理由は、そこかもしれません。

Liveは、生きている喜びを感じること。

コンサートのことをライブと呼ぶのは、言い得て妙だなと思います。




-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー


posted by H.I.M.kisarazu at 09:31| Comment(0) | つぶやき

2019年06月13日

ピアノラボで調律体験

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

「ピアノの中って、どうなっているんだろう?」

子どもでも、大人でも気になりますよね。

グランドピアノを弾くと、中でハンマーがポコポコと動くので、楽譜よりもピアノの中が気になる生徒さんはたくさんいます。特に男の子!

生徒さんから、ピアノを解体して中の部品や仕組みを知ることができる、カワイ千葉のピアノラボに参加したとご報告いただきました。調律体験ができ、ピアノのハンマーのキーホルダーのお土産もいただいたそうで嬉しそうでした。

IMG_0744.jpg

私も持っています。
ピアノを弾かない方には、「なんじゃこりゃ?」な品だと思いますが、ピアノ弾きには妙に愛着が沸くハンマーです。

今はインターネットでもYouTubeでも、さまざまな情報は手に入れられますが、実際に目で見て、触れる体験は、一生心に残ると思います。

「ピアノの中って、どうなっているんだろう?」
という、子どもの興味に寄り添っていただくご両親、素敵です。

弾かせていただいたシゲルカワイのピアノの音色にも、魅了されたようです。
私も欲しいな。


-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー


posted by H.I.M.kisarazu at 15:00| Comment(0) | レッスン日記

2019年06月12日

楽器のペーパークラフト

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

ネットで素材を探していたら、プリンタのCanonのページで楽器のペーパークラフトがダウンロードできるページを見つけました。

グランドピアノ、ギター、ドラムなど、いろいろな楽器が作れるそうです。
紙でできているとは思えないほど、リアルでかっこいいです。

しかし、今は発表会に向けて、事務作業が盛りだくさん。プログラムの作成、当日のタイムテーブル、記念品、写真の発注など・・・。

工作が好きな方は、ぜひ!




-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー

posted by H.I.M.kisarazu at 09:49| Comment(0) | つぶやき