2020年02月17日

”音楽”を読む

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

土曜日、
銀座の山野楽器にて
作曲家の轟千尋先生の
『楽譜の読解力を身につけよう!』
講座に行ってきました。

IMG_3840.jpg

もちろん、
”音符”を読めるので(笑)、
”音楽”を読むお話。

ベートーヴェンの「運命」など
オーケストラのスコアを
細かく読んでいくミクロ読みではなく、
1ページにつき30秒くらいで

●ベース
●メロディ
●和音

この3つの視点で
同じ模様を見つけるように
マクロ読みをしました。

ベース、メロディ、和音
の強弱のバランス、
音程が跳ぶところの
エネルギーのお話は
わかってはいたけれど、
改めて重要だなと思いました。

いつもはピアノ講師向けの講座が
ほとんどですが、
今回は一般向けの講座。

趣味や仕事で楽器をされている方が
老若男女いらっしゃいました。

質疑応答コーナーも
男性からの質問は
なかなかしつこい感じで(笑)
おもしろかったです。

詳しい内容は、
こちらの本を
ご参考ください!

去年の5月の
轟千尋先生の講座の様子は
こちら
その時は、今回しなかった
休符のお話もありました。
何度お話を聞いても、
毎回新しい発見があります。


-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー

posted by H.I.M.kisarazu at 17:51| Comment(0) | セミナー・お勉強

2020年02月12日

ピティナ 君津ステップ

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

昨日は君津市民文化ホールにて、
ピティナのステップでした。

IMG_3765.jpg

参加した生徒は2名。
二人とも「基礎4」でした。

同じクラスのエントリーなのに、
出番が10時と16時半(笑)。

間のトークコンサートは
デュオールのお二人でした。

IMG_3766.jpg

贅沢な2台ピアノでのコンサート。

プログラムは
ボロディン:イーゴリ公より「ダッタン人の踊り」
ブルクミュラー:「アラベスク」「せきれい」のミックス
ラヴェル=シム:「亡き王女のためのパヴァーヌ」
ドビュッシー:ベルガマスク組曲より「月の光」
サン=サーンス:動物の謝肉祭より「白鳥」
チャイコフスキー:くるみ割り人形より「 花のワルツ」
最後は連弾も。

息をするように
自然にあふれてくるキラキラな音色。

美しい音楽は、どこか自然。
そして、その自然は
無意識にはできないもの。

ついさきほどまで
客席で講評を書いてらしたお二人が
ステージに立つと華々しいオーラが!
気持ちの切り替えがすごいです。
素敵でした!

トークコンサートは入場無料ですし、
出演されない方も絶対に
聴いた方がいいですよ。
もったいないです。

出演された方は、
アドバイザーの先生方からの
講評を真摯に受け止めて
また日々の練習頑張りましょう。

お疲れさまでした!
私も勉強になりました。



-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー

posted by H.I.M.kisarazu at 09:47| Comment(0) | コンクール・ステップ

2020年02月07日

中学受験、合格!(パート2)

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

また嬉しいニュースが届きました。

中学受験をしていた生徒のNくんが
医学部進学に特化したコースに
合格しました!

以前、ブログにも書きました、
夏休みに10時間勉強していた子です。

ピアノのレッスンをお休みしたのは、
今年1月の1か月間のみ。
本人はそれすら休みたくなかったようですが(笑)。

難関中学の受験は、
やりたいことをすべて我慢して臨むべき!
という塾もあるようですが、
お母さまも芸術・文化へのご理解があって、
ピアノの時間を大切に思ってくださって、
辞めずに続けていました。

受験の作文でも、
ピアノによって大変な時も支えられた
と書いたと聞きました。
(もう嬉しくて泣きそう…)

勉強以外で語れるものがあるのは、
強みでしかないですよね。

春には通学のためお引越しされるとのことで、
お教室は移籍されてしまいますが、
この教室を離れることをとても残念がって
らっしゃいました。
私もとても寂しいです。

しっかりと引き継ぎ書を作り、
今後も素敵な音楽のある生活が
できるよう、応援し続けたいと思います。

ぶっちゃけますと、
「勉強があるのでピアノはできません」
という方は、
勉強で大した結果を残していませんし、
「部活があるのでピアノはできません」
という方は、
部活でも結果を残していない印象です。

結果を残す子は、
できない理由を並べるのではなく、
限られた時間でやるには
どうしたらよいかを考えます。
(タイムマネジメントですね)

ピアノは勉強の邪魔にならない、
むしろプラスになるのだと
体現してくれた生徒さんの吉報、
嬉しかったです。

bouquet_omedetou.png



-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー

posted by H.I.M.kisarazu at 12:40| Comment(0) | レッスン日記

2020年02月06日

優先順位

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

パソコンの横に
この紙を貼っています。

物事の優先順位、
うっかりすると、
いつも緊急で重要なことを
こなすことに終始してしまいます。

テスト前だけ猛烈に勉強するのでは
本当の学力がつくとは思えないし、
予定のない時間をどう面白く過ごすか
考えることも結構大事ですよね。

緊急ではないけれど、
重要なことに
人生を充実させるヒントが
あると思っています。

IMG_3708.jpg

新学期を前に、
生徒さんたちがそれぞれの
優先順位を考える季節ですよね。

英語、バレエ、空手、
水泳、習字、塾、
最近だとプログラミングなど、
たくさんの習い事をやっているようです。

それでも
ピアノを大切にしてくださる保護者様は
文化・芸術への理解は教育に欠かせないと
考えてらっしゃるようです。

緊急ではないけれど
重要なことも優先順位の上の方に
おいてらっしゃいます。

たくさんある習い事から
ピアノを選び、
ご自宅にピアノがあって、
ご家族がお稽古を応援してくれて、
というのは当たり前でなく、
ものすごく素敵なことなのだと
私は肝に銘じて
これからもレッスンしていこうと
思います。



-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 14:14| Comment(0) | レッスン日記

2020年02月04日

吹奏楽部ソロコンクール銀賞!

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

吹奏楽部でクラリネットを吹いている
中学生のSさんが
ソロコンクールで銀賞を受賞しました。

お母さまが本番の動画を送ってくださって、
私もSさんの演奏を聴けました。

ピアノもそうですが、クラリネットも
温かくて穏やかな彼女らしい音色でした。

お母さまからは
「ピアノで発表会やコンクールの経験が
あってのことだと思います」
と言っていただきました。

たくさん場数を踏んできましたからね。

レッスンでは、ピアノだけでなく、
楽典なども応援していきたいと思います!

music_clarinet.png



-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 14:56| Comment(0) | レッスン日記