2019年05月08日

GWの風物詩 ラ・フォル・ジュルネ

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

長い連休が終わり、通常モードに戻りましたね。

通常モードに戻っても、「仕事いやだな」とは思わず、生徒さんたちのお出かけ話を聞くのが楽しみで、幸せなことだなと思います。みなさん、あまり練習してはいないかもしれませんが(笑)。

私も連休に心に残ったことを書いてみます。

東京・丸の内で毎年開催されている音楽祭のラ・フォル・ジュルネに行きました。東京国際フォーラムを中心に、丸ビルやTOKIAなど周辺施設でも一日中コンサートが企画されています。もはや、GWの風物詩といってもよいのではないでしょうか。

IMG_0484.jpg

私は多喜靖美先生のジャスミンピアノ弦楽四重奏団の整理券をもらうために、開演2時間前に並び、無事ゲット。無料ですが、指定席。

IMG_0485.JPG

会場は、東京TOKIAの1階。ステージ横を人が行き来する開放的な空間にも関わらず、プロが演奏し始めると、場の空気は一変してコンサートホールにいるようでした。

IMG_0489.JPG

プログラムは、シューマンの「ピアノ四重奏曲 変ホ長調Op.47」と、熊本陵平作曲「The Arabesque of Life〜dedicated to Ms.Yasumi Taki〜」。

多喜先生に捧げる曲ということで、作曲家の熊本先生ご本人も聴きにいらしてらっしゃいました。素敵な曲でした。シューマンの曲中にある「主旋律でないけれど、きれいに粒を揃えて弾くのが難しい和音の連打」が、かなりいい味を出していて、美しかったです。目に、耳に、心に、焼き付けました。私もあんなふうに弾けたらなぁ。

30分のステージでしたが、2時間のステージと同じくらい、心に栄養がもらえました。

IMG_0487.JPG

ランチしたお店から、皇居の一般参賀から帰るの人たちの波が見えました。



-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー


posted by H.I.M.kisarazu at 14:12| Comment(0) | コンサート・ライブ

2019年03月22日

ピエール=ロラン・エマール ピアノリサイタル「VARIATIONS!」

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

昨日はレッスンはお休みにさせていただきまして、お勉強。
といっても、ピエール=ロラン・エマールのリサイタルでした。

IMG_0214.jpg

『VARIATIONS!』というテーマの通り、
プログラムはオール変奏曲。

当日、曲順が変更になっていました。

IMG_0213.jpg

オリヴァー・ナッセン、アントン・ウェーベルン、ジョージ・ベンジャミンは現代の作曲家。
覚えやすいメロディをキャッチーであると言ったりしますが、彼らの曲はその対極かと思います。
難解。
とても暗譜で弾ける気がしません…。というか、楽譜を見ても…。
エマールも楽譜を見ながらの演奏でした。

そして、休憩をはさんでの後半は、J.S.バッハの「ゴルトベルク変奏曲 BWV988」。
映画では「そして父になる」や「羊たちの沈黙」で使われていた曲です。
私にとっても、特別な曲です。

こちらも楽譜(ヘンレ版と思われます)を見ながらの演奏でした。

エマールは「ゴルトベルク変奏曲」をCDに残しておらず、今後も録音する気がないそうです。
聴きたいと思ったら、コンサートに行くしかありません。

「VARIATIONS!」
いろいろな変奏曲を聴いた後に思ったのは「やっぱり、バッハだな」(笑)。

そして、ポリフォニーを美しく弾く生徒を育てるべく、静かに燃えています。

エマールが語るバッハ《ゴルトベルク変奏曲》インタビュ−


-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー


posted by H.I.M.kisarazu at 10:16| Comment(0) | コンサート・ライブ

2018年09月24日

デュオ・サロン・コンサート『THE BRAHMS』

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

今日は、東京の洗足でのコンサートに家族で伺いました。

IMG_9154.JPG

これまで当教室の発表会に2度、
ゲストでご出演いただいたヴァイオリンの小泉百合香さんと、
ピアノの榊原紀保子さんのデュオ。
デュオを組まれて20年だそうです。

プログラムは、オール・ブラームス。
ヴァイオリン・ソナタの第2番と第3番、ピアノソロの4つの小品。
アンコールは、パラディスのシチリアーノでした。

色彩豊かな転調。
ワクワクする3拍子。
安らぎと興奮。

心の中の”感動タンク”が満タンになりました。
これで、しばらく頑張れそうです。






教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 18:21| Comment(0) | コンサート・ライブ