2017年05月30日

「ピアノ教本ガイドブック」出版記念交流会

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

今日は、先日このブログでもご紹介しました音楽ライター・ピアノ教本研究家山本美芽先生の新刊『ピアノ教本ガイドブック〜生徒を生かすレッスンのために〜』の出版記念交流会に参加しました。



交流会には、音楽之友社の出版部、営業部の方、出版社から楽器店に楽譜を卸している書店の方、ムジカノーヴァの編集長他編集スタッフの方、ピアノ講師など、多彩な音楽業界の方々がいらして、たくさんの方とお名刺交換をさせていただきました。名刺、リニューアルしておいてよかった〜。

IMG_4431.JPG

山本美芽先生や編集の方からは本が出版されるまでのご苦労や裏話、ピアノの先生によるバッハやバルトークの演奏、さらにテナーサックスの演奏によるモードのアドリブのお話など、興味深いお話がたくさん聞けました。

教室の生徒さんの中には、外部から移っていらっしゃる生徒さんもいらっしゃいます。その時、いつも使っている教本以外にも幅広い教本の知識があった方がよいこと、そして今いる生徒さんのタイプによって、時には勇気を持って教本を変えることも視野に入れて、日々のレッスンに向き合う必要性を感じました。

バイエル、ブルクミュラー、ツェルニーなどなど、同じ曲集でもたくさんの出版社がそれぞれの解釈で楽譜を出しています。その一つ一つの違いも、もっと研究しようと思いました。










教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 17:01| Comment(0) | 教本・書籍

2017年05月23日

『ピアノ教本ガイドブック』山本美芽著

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

昨日の11時から15時頃に、教室のホームページが閲覧できない状態になっておりました。その時間にホームページを訪問された方がいらしたら、大変申し訳ありません。現在は復旧しております。

さて、音楽ライターであり、ピアノ教本研究家である山本美芽先生の新刊『ピアノ教本ガイドブック〜生徒を生かすレッスンのために〜』を読みました。



この本の中で興味深かったのは、人が本を読めるようになる発達の段階と、譜読みの習得は似たような段階を踏むとあったところでした。

絵本の読み聞かせを聴ける→ひらがなを覚える→字の拾い読みができる→(中略)→黙って本が読める

歌に注意を向ける→歌を聴いたり真似をして歌う→音符についての意味を覚える→(中略)→黙って頭の中で音を鳴らしながら楽譜が読める


そういえば、レッスンで「譜読みが苦手」といっている生徒さんは、人の話を聴かないです(笑)。私が話している途中でピアノの音を鳴らしたり、自分の話をします。「まず、そこか!」と思いました。

また、子どもの理解力を「階段型」「登山型」「らせん型」の3つに分け、それぞれに合った教材を提示してあることも画期的でした。

従順で素直なタイプは「階段型」、興味のあるものだけに集中力を発揮するタイプは「登山型」、平均以上の理解力があり、与えられたものにある程度集中できるタイプは「らせん型」の教材が有効。

既に、私の頭の中では「あの生徒さんは○○型だな」と分析が始まっています(笑)。

本に書いてあることや講座で聴いた話を全て鵜呑みにするわけではありませんが、世の中に溢れるピアノ教本を全部購入して研究することは難しいので、こういった本や講座があるのは大変ありがたいです。

もちろん、忘れてはならないのは、講師が生徒一人一人の特性をちゃんと見抜くこと。その上での教本選びです。生徒さんの良さを伸ばしつつ、苦手なことも克服できたらよいなと思っています。

なんか、燃えてきました。

前回の記事のクイズの答えです。
A:シャツが丸襟、B:Vネックでした。
それ以外は全く同じです。おわかりになりましたか?







教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 13:25| Comment(0) | 教本・書籍

2016年12月21日

「ハンナ」合唱のための発声指導法

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

当教室の生徒さんの保護者様でプロの声楽科の方が、歌・合唱・オペラの雑誌「ハンナ」2017年1月号に、合唱のための発声指導法についての記事を執筆されました。仕事のお名前、佐藤悠子さんのお名前で載っています。Hちゃんのママです。



合唱指導では、関東だけでなく九州からもお声がかかる方。また、ソプラノの歌手としても、ロシアの演奏家と共演したり、年末の2週間で9回も「第九」を歌ったりと大変ご活躍です。

教室の発表会でも、いつかご指導いただけたらと思います。

意外なものを口に加えて発声練習をするのですね!楽しそうです。








教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー

☆お問い合わせメールフォーム☆←文字をクリック!
posted by H.I.M.kisarazu at 09:38| Comment(0) | 教本・書籍