2019年10月28日

「アイスクリームが溶けてしまう前に」小沢健二

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

今月は、こちらの本を教室に置いています。



オザケンこと、
小沢健二の「アイスクリームが溶けてしまう前に(家族のハロウィーンのための連作)」です。

一部抜粋。
-----
小さな子たちは、
ハロウィーンにお菓子をもらうのは
当たり前だと思っている。
アイスクリームが冷たいのと同じくらい、
当たり前と思っている。

(中略)

でも、子ども時代の終わりが来る。

だから、お菓子をもらっていた頃の
仮装の写真は、
みんなの宝物。」
-----

IMG_2522.jpg


-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー

posted by H.I.M.kisarazu at 14:46| Comment(0) | 教本・書籍

2019年09月27日

『レ・フレール斎藤守也の左手のための伴奏形エチュード』

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

『レ・フレール斎藤守也の左手のための伴奏形エチュード』
が届きました。

IMG_2165.jpg

以下、商品解説です。
----
迫力の演奏で人気のピアノデュオ「レ・フレール」の兄・斎藤守也による、ポップスの8ビートやシャッフルなどを格好良く演奏するコツを盛りこんだ「左手のための伴奏形エチュード」集。様々な伴奏パターンで素敵にアレンジされた《山の音楽家》などの童謡やオリジナル曲を全14曲収載。楽しく弾くうちに左手の強化・脱力を学ぶことができ、伴奏パターンの応用でどんな曲でも簡単に伴奏付けできるようにもなる。難易度は初中級程度。人気コンポーザー・ピアニストの音楽観や伴奏パターンごとの演奏ポイント、左手の脱力法を紹介した充実の解説も必読。
「ムジカノーヴァ」誌(2018年7月号~2019年8月号)の人気連載の加筆・再構成。
----

左手を脱力してカッコよく弾くのは、
永遠のテーマです。

速く弾こうと
力めば力むほど、
リズムはよれ、
音は固くなりますよね。

このテキストは

長調の童謡曲が
代理コードやモード(教会旋法)で
書かれていたり、

伴奏形のリズムも
ロック調、シャッフルビート
だったりするので、
大人が弾いても
子どもっぽくなく楽しめます。

届いてすぐに、1冊全曲弾いたら
ちょっと疲れましたけど(笑)。
毎日弾いたら、鍛えられそう。

ロックはロックっぽく
ブルースはブルースっぽく
弾けるかな?










-----
http://nav.cx/hy3BocW
このURLをタップまたはクリックすると、H.I.M.木更津を友だち追加できます。
-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー

-----
posted by H.I.M.kisarazu at 12:53| Comment(0) | 教本・書籍

2019年08月29日

『わたし、ピアノすきかも♪』

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

待っていた本が届きました!

作曲家の轟千尋先生の絵本『わたし、ピアノすきかも♪』

IMG_1816.jpg

ピアノを習っているけれど、
練習がいやになってしまった小学3年生の女の子が主人公の絵本です。

p(ピアノ)は弱いだけなのかな?

遠くのほうから音が聞こえてくるような感じ…
赤ちゃんがすやすやねむっているような感じ…
ないしょ話をしているような感じ…

pという記号から、想像すること。
想像したいろいろな音を出す実験を繰り返すこと。

これが練習の楽しみだよね。

この本を読んだら、私もすぐにピアノを弾きたくなりました。

教室に置いておきますね。






-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー

posted by H.I.M.kisarazu at 10:13| Comment(0) | 教本・書籍