2018年06月04日

関ジャム 完全燃SHOW

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

日曜の夜にやっている『関ジャム 完全燃SHOW』という番組を毎週録画して観ています。

昨日の特集は、サカナクションでした。

音にこだわる山口一郎さん。

6.1chサラウンドでのライブ作りを彼らを支えるシステムエンジニア、PA、照明、マニピュレーターと共に紹介していました。

通常の3倍のスピーカーを使って、座席の位置による音のずれを調整するのだそうです。その努力がすごかったです。

また、番組ではヘッドホンをつけて、バイノーラル録音の音を体感することもできました。

マッチ箱を振りながら、マイクの周りを1周歩きながら録音した音を聴きました。本当に自分の周りを人がマッチ箱を振りながら歩いているようでした。

音にこだわるって、果てしない。

ジャンルに関わらず、自分が出したい音を出すというのは、永遠のテーマですね。

ひょっとしたら「この曲を弾きたい」という欲求より強いかもしれません。









教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 09:05| Comment(0) | つぶやき

2018年05月31日

自己流、こわい。

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

『プロのアドバイス、基本舐められる問題』

映画にもなった”ビリギャル”の著者・坪田信貴さん主宰の塾講師の末吉弘昂さんのブログを読みました。

提唱されているトレーニングの一つを「これ、いらなくね?」と自分の判断でやめようとして、やめなかった話。

ピアノ教室でも、生徒さんやお母様から「この練習、やらなくてもいいですか?」と言われたり、大人の方でも黙ってやりたくないテキストやドリルを持ってこなくなったり、ということはあります。

その方々がどうなっていくかも、見てきました。
ちょっとここでは書けないことも。

安易な自己流は、こわいですぞ。

チョキとパーだけで、じゃんけんするようなものなのだそうです(笑)。

「常に目的を説明し、例え話とかを駆使して理解してもらう必要があるなぁという話」でした。











教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 12:10| Comment(0) | つぶやき

2018年04月23日

たまにはのんびり

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

ゆるネタです。

今日は曇っていますが、土曜日、日曜日は夏のような陽気でした。

スノーアイス(ティラミス)という名のかき氷をいただきました。ホワホワの氷の中にムースが隠れていました。氷だけよりも、ちょっと得した気分。

078.JPG

娘と「いい天気だねぇ」「平和だねぇ」とのんびり過ごす週末も、いいものですね。








【新年度(2018年度)の生徒募集について】
現在、新年度のレッスン可能時間をご案内しております。
空いている枠が少なくなってきました。
定員になり次第、募集は締め切らせていただきます。
ご了承ください。

教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 12:50| Comment(0) | つぶやき