2019年01月01日

2019年 年頭のご挨拶

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

あけましておめでとうございます。

おかげさまで、木更津で教室を始めて10年となります。

当教室の理念「皆様の音楽のある豊かな生活を実現するため、ピアノレッスンによる音楽の基礎知識の習得を通じて、地域の文化の発展に貢献する」を念頭に置き、これまでリトミック、音楽療法(障がい児、精神科、高齢者)、ピアノ指導法、コーチングなど、レッスンに有効と思えるものは、何でも吸収しようとしてきました。どの分野も奥深く、とても極めたとは言えませんが、少しでも生徒様のためになるなら、今後も勉強し続けようと思います。

楽譜を読めるようになりたい、ピアノが弾けるようになりたい、音楽を人生の友人として永く愉しみたい、そのような生徒様の願いを叶えるお手伝いを精一杯務めさせていただきます。

本年もよろしくお願いいたします。

H.I.M.木更津 主宰 萩本亜矢

IMG_9841.JPG

アクアラインからの朝日です。



教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 07:32| Comment(0) | ごあいさつ

2017年01月01日

2017年 年頭のご挨拶

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

三島由紀夫の「青の時代」という小説は、千葉県K市のある人物がモデルとなっています。K市はそう、木更津です。

まず、小説の書き出しの中の一文が衝撃的でした。

「K市は由来低脳児の多い町である」

小説の主人公はその中でも郡鶏の一鶴だったとお話は続いていくわけですが、とにかくこの一文がずっと心に引っかかっていました。

ピアノを習ったり、コンサートに出かけたりするような文化的な活動は、私たちに目に見えない心の豊かさをもたらしてくれます。

この心の豊かさは、社会学では“文化資本”と呼びます。お金のあるなしでなく、文化資本が豊富であればあるほどに、学業達成率が高くなるといわれています。

ピアノを習うことで得られる文化的素養や、多感な時期に聴くコンサートの価値について、新年を迎えた今、ご家庭でも思いをめぐらせてみてはいかがでしょうか?

改めて、H.I.M.木更津は、皆様の音楽のある豊かな生活を実現するため、ピアノレッスンによる音楽の基礎知識の習得を通じて、地域の文化の発展に貢献していくことが使命と感じています。

文化は、目に見えませんが、確実に存在するものです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

H.I.M.木更津 主宰 萩本亜矢








教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー

☆お問い合わせメールフォーム☆←文字をクリック!
posted by H.I.M.kisarazu at 10:53| Comment(0) | ごあいさつ

2016年12月27日

年末年始の休業のお知らせ

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

26日で年内のレッスンは全て終了しました。

年末年始のお休みは、12/27(火)から1/5(木)までです。

メールフォームからのお問い合わせは、1/6(金)以降となります。

今年の個人的な振り返りとしては、「いろいろやる人」を卒業した1年でした。来年は、さらにレッスンに集中して過ごしたいと思います。「シンプルに深く」

年が明けたら、すぐにおさらい会があります。生徒の皆さんは、冬休み中もピアノのことを忘れないで過ごしてくださいね(笑)。

よいお年をお迎えくださいませ。











教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー

☆お問い合わせメールフォーム☆←文字をクリック!
posted by H.I.M.kisarazu at 09:19| Comment(0) | ごあいさつ