2019年12月18日

「遊ぶ」が勝ち

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

近頃、
陸上の為末大さんの
本をよく読んでいます。

その中の1冊。
『「遊ぶ」が勝ち『ホモ・ルーデンス』で、君も跳べ!』
にピアノの練習にも通じるものがあるなと
思いました。

「遊び」に夢中になっている状態こそ、
スポーツの「ゾーンに入る」状態と
同じなのだそうです。

IMG_3116.jpg

一部抜粋します。
---
遊びって何だろう?
遊びは真面目と対立しない。

遊びの中で〈私〉が消える瞬間がある。

遊びは不確実をともないがちだ。
遊びは義務化された瞬間に消える。
遊びは失われやすい。
遊びは善悪を超える。
遊びは価値に縛られない。
遊びを共有すると距離が縮まる。
遊びは自由である。
遊びの目的はそれそのものにある。
遊びは自発的である。
遊びは…楽しい。

そう、「遊ぶが勝ち」なのだ。
---

そういう私も、昨日、
朝から楽譜をアレンジしていて、
PCとピアノを行ったりきたり。
14時頃までお昼を食べるのを
忘れていました。

まさに、
「遊びの中で〈私〉が消える瞬間がある。」
でした。

今の子どもたちは、
「忙しい」「時間がない」
とよく言いますね。

心も身体も
「遊んでいる?」と思います。

このブログが途切れたら、
「あぁ、また何かに熱中しているんだな」
と思ってください(笑)。



-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー

posted by H.I.M.kisarazu at 09:22| Comment(0) | 教本・書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。