2019年10月09日

『知的・発達障がい時を対象にした効果的なピアノレッスン・プログラムの構築に関する研究』

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

今春、ある大学院生の方から
知的・発達障がい児を対象とした
ピアノレッスンの効果(児童の良い変化)や
効果的な指導法を
明らかにするための研究調査への
協力を依頼されました。

当教室の保護者2名にも
ご協力いただき、
私もアンケートへの回答をしました。

今日、その調査を実施した
群馬医療福祉大学の新藤先生から
その研究結果が送られてきました。

IMG_2305.jpg

知的・発達障がいのある子どもたちの
レッスン前とレッスン後の変化が
まとめられています。

生徒の作業効率、
コミュニケーションの向上、
集団参加(社会生活への参加)、
自己統制、
自己効力感。

すべての項目がレッスン前よりも
レッスン後はポイントが上がっていました。

定型発達の子どもでも、
障がいのある子どもでも、
レッスンの効果は一朝一夕には
現れませんが、
続けることで実感できます。

どなたの人生にも音楽は
寄り添ってくれますよ。

『いつもおそばに音楽を』
この教室理念は
開業当初から変わりません。



-----
http://nav.cx/hy3BocW
このURLをタップまたはクリックすると、H.I.M.木更津を友だち追加できます。
-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー

-----
posted by H.I.M.kisarazu at 14:44| Comment(0) | 音楽療法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。