2018年12月03日

”親が教える”には距離感が大事?

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

歌舞伎や能など、日本の伝統芸能では師匠が自分の親ということが多いようですが、ピアノや勉強を親が教えるというのは、難しいなと感じます。

我が家の場合、娘はピアノを私以外の先生に習っていますが、家でピアノを「教えて」と言ってきて教えても、娘が「わかってるよ、うるさいな〜」という態度を取るので(反抗期というのもありますが)、親の方がイライラしてしまうことが多いです。生徒さんにはイライラしませんが(笑)。

勉強は、夫が教える事が多いのですが、こちらもお互いにイライラしている模様。夫は大学時代、中学生の数学の家庭教師をしていたので「塾いらずでラッキー」と、私は内心思っていたのですが、こちらも現実はなかなかうまくいかないようでした。

歌舞伎などで親が子どもに伝承する時は、「お願いします」などと言って、親子としてではなく、師匠と弟子としての距離感をわざわざ作ってお稽古をしているのでしょうね。親と子の距離感と、あえて変えているのではないかなと想像します。

ということを意識したわけではないのですが、昨日偶然、少しだけうまくいったかもと思ったのは、私と娘がお出かけをしていて、出先から夫にLINEで勉強を教わること。家で教わるより、不思議と素直でした。

物理的距離、心理的距離、どちらもあるけれど、やっぱり距離感が大事?

129.JPG

さて、勉強したら、おいしいもの!?

みなさんのお宅では”親が教える”、うまく機能していますか?









教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 13:21| Comment(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。