2018年11月19日

多喜靖美先生<『エコ奏法』という考え方>セミナー

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

日曜日、巣鴨の東音ホールで行われた多喜靖美先生の多喜靖美先生<『エコ奏法』という考え方>セミナーで、長時間ピアノを弾いても、手が痛くならない奏法についてお話を伺ってきました。

そもそもピアノを弾いて手が痛くなるのは、人間の自然な動きに反しているから。自然な動きを演奏に取り入れていけば、何時間弾いても痛くはならないとのことでした。

手の自然な形とは、自動車でいうニュートラルの状態で、オクターブ手を広げたとしても、鍵盤から話した瞬間にニュートラルな形に戻す。跳躍する場合も、手を広げたまませず、空中ではニュートラルの形をとる。

これはやってみると音を外しそうで怖いのですが、そこは小さいうちから鍵盤を見ずに弾くことに慣れることで、鍵盤と鍵盤の幅の感覚を身につけておくことで解決できるそう。

また、多喜先生には「ピアノで歌うこと」についても、ヒントをいただきましたので、早速レッスンに生かしたいと思います。






教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 07:19| Comment(0) | セミナー・お勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。