2018年11月14日

中1の生徒さん、アンサンブルコンテストで県大会へ

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

昨日、ニコニコしながら、レッスン室へ入ってきた中学1年生の生徒さん。

レッスンノートを開くと、「吹奏楽のアンコン(アンサンブルコンテスト)で県大会に出ることになりました!」とお母様からご報告が。

すぐに自分の口で報告しないところが中学生ですが(笑)、表情に嬉しさが溢れていました。

平日も土日も部活で、あまりピアノに時間が取れず、苦しくなって相談してきたこともありました。でも、レッスンはやめたいわけじゃない。ということで、月2回40分のレッスンにして、教材も変えました。

常々、私はピアノは勉強や部活の邪魔になるものでなく、息抜きや他の楽器演奏のプラスになるものだと思っています。でも、生徒さんもそう思えるのは、保護者の方のご理解があってこそ。

例えば、一人で演奏していてもハーモニー(和声)を感じてメロディを演奏したり、声部ごとに横の流れを意識して歌ったりすることは、きっとアンサンブルの役に立つと思います。

合唱の伴奏や吹奏楽など、生徒さんがいろいろな場面で音楽を楽しんでいる姿が見られるのは、嬉しいです。

suisougaku.png







教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 11:28| Comment(0) | レッスン日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。