2018年04月20日

お友達からの「すごいね!」が自信に。

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

教室には、ダウン症の高校生と軽度の知的障害の生徒さんがいます。

このお二人には、ピアノもたまには使いますが、音楽療法の観点からメインは発散を目的にドラムを、そして発語・発声のためにマイクで歌もうたう内容をしています。目的は講師が認識していればよいので、もちろん「楽しく」「のびのびと自分を表現すること」が基本です。

二人とも、音楽が大好き。

以前、クラスメイトにからかわれて悔しい思いをした生徒さん。そのからかってきたお友達が「ドラムが上手なんだってね。すごいね」と言ってくれて、とても喜んでいたとお母様が教えてくれました。

自分をありのままに表現すること。そして、それを認めてもらうこと。

それが自信となり、さらに前に進めますね。

彼は今、おうちにも立派な電子ドラムがやってきて、発表会に向けてやる気満々です。

high_touch_boys.png




【新年度(2018年度)の生徒募集について】
現在、新年度のレッスン可能時間をご案内しております。
空いている枠が少なくなってきました。
定員になり次第、募集は締め切らせていただきます。
ご了承ください。

教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 09:50| Comment(0) | 音楽療法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。