2018年03月08日

中井正子先生「ドビュッシー没後100年記念特別講座」

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

今年は、ドビュッシー没後100年。

昨日は、そのドビュッシーをはじめ、フランス音楽のスペシャリストである中井正子先生の講座に参加しました。「ハーフタッチ」と「ハーフペダル」について、もっと知りたいと思ったからです。

中井正子先生校訂の楽譜には、通常のペダルマークと、ハーフペダルのマークが分けて記されています。



ハーフタッチは、グランドピアノで鍵盤に指をゆっくりと下ろす途中で”カクッ”と感じるところ、つまり鍵盤の上半分の部分で弾く奏法のこと。鍵盤の下まで打鍵しないで弾きます。電子ピアノやアップライトピアノでは、構造上できません。

ハーフタッチによって紡ぎ出された音色は、ドビュッシーの曲に合う”夢のような響き”。
ドビュッシーを演奏するならマスターしたい、テクニックですね。

またハーフペダルは、踏むか踏まないかというペダリングではなく、残したいバスの響きを切らさずに、ソプラノの濁りを取り除くために、ペダルを半分戻してまた踏むテクニック。

いずれも、耳で深さを調節するものです。

ボタンで音色を変えなくても、指の加減一つでいくつもの音色が弾き分けられるピアノって、すごいですよね。

その面白さを生徒さんにもお伝えしていきたいです。

まずは、私が研究します。

IMG_6918.jpg







【新年度(2018年度)の生徒募集について】
レッスンをご希望の方は、2018年3月中旬頃より空き枠をご案内いたします。
ただいま、ウェイティングリストへのご登録受付中!
レッスン中はお電話に出られないことが多いので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 10:08| Comment(0) | セミナー・お勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。