2017年08月23日

リタルダンド(rit.)とラレンタンド(rall.)の違い

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

小学校1年生の生徒のMちゃんが、レッスンノートで質問してくれました。

「リタルダンドとラレンタンドは、どう違うのですか?」と。

今年の発表会の記念品は、楽語辞典でした。


発表会後からMちゃんは、取り組む曲に出てくる楽語を片っ端から調べてレッスンに臨んでくれています。活用してくれて、嬉しいです。

辞書には、どちらも意味は“だんだんゆるやかに”とか“だんだん遅く”とあり、2つの楽語は同じ意味と書かれているものもありました。では、ニュアンスの違いは、何でしょう?イタリア語辞典で調べてみました。

リタルダンド(ritardando/rit.)は、イタリア語で「遅延」の意味。
遅延とは、遅れること、長引くこと。例文:「電車が遅延する」など。
自分ではどうしようもないことが原因で遅くなる感じ。
反対語は、早まる。
英語で遅延は、delay。
DTMでdelayは、エフェクトの一つで音を遅らせることで、やまびこ効果を与えること。

ラレンタンド(rallentando/rall.)は、イタリア語で「減速」の意味。
減速とは、速度を落とすこと。また、速度が落ちること。例文:「電車が減速する」
リタルダンドと違って、こちらは自分の意志で遅くする感じ。
反対語は、加速。加速を意味する楽語は、accelerando。
英語で減速は、Deceleration。

楽語は、楽語辞典だけで納得できない時は、イタリア語を調べたり、英語を調べたり、英語から日本語に翻訳したりすると、ニュアンスの違いがわかりますね。

習い事は、先生に言われたことができるのが第1段階とすると、自分の頭で考えて質問できる生徒さんは第2段階に進んだといえますね。将来が楽しみです。










当教室の生徒さんは、萩本へお友達リクエストの後、秘密のグループにご招待します。
【facebook】https://www.facebook.com/aya.hagimoto
どなたかわかるようにメッセージを添えてリクエストいただけると助かりますm(__)m
面識のない方や、どなたかわからない方の承認はしかねます。

教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 13:59| Comment(0) | レッスン日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。