2017年06月12日

ツェルニー30番

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

今日は、石嶺尚江先生の表参道セミナーに行きました。
『ツェルニー30番』全曲を3回シリーズの第2回目です。

ツェルニー30番は、スケール(音階)やアルペジオ(分散和音)、スラーやスタッカートなどのアーティキュレーション、指と指の拡張など、ピアノ曲を弾く上で重要な要素が盛り込まれている練習曲集。

当教室では、だいたい小4から小6の生徒さんが弾いています。

無駄な力が入っていれば、手や腕が痛くなります。無駄な力が入ったまま弾き続けると腱鞘炎になることもありますので、レッスン中も「腕、痛くない?」と確認しながら進めます。

オーケストラの伴奏と共に、高速演奏を目指します!



私も練習しなきゃ。







教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 15:50| Comment(0) | セミナー・お勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。