2017年05月25日

ごきげんは、自分で作る。

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

子どもが購読している小学生新聞に、スポーツドクターの辻秀一さんのコーナーがあり読みました。

IMG_4384.JPG

「ごきげんは人生の宝物」という題がついていました。

心をごきげんな状態に整えてから、やるべきことをやれば成績も伸びる。不安だったり、落ち込んでいたり、カッカしていてはうまくいかないのだそうです。

大人の生徒さんは、子どもの生徒さんに比べて、発表会前の不安、間違えた時の落ち込み、自分へのガッカリ具合が大きいように見えます。演奏中にミスをすると、舌打ちをしたり、ため息をついたり。ごきげんどころか、どんどん暗〜くなることも…。

「心技体」という言葉がありますが、心をごきげんな状態にする習慣を自分で見つけるとよいそうです。私は料理を作ったり、カフェでお茶したり、ドライブをして海や山を眺めたりすると、ごきげんでいられます。

あなたのごきげんになる方法は何ですか?

が整えば、ができて、が発揮できます。

ごきげんは、自分で作れます!

044.JPG









教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 13:03| Comment(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。