2017年03月20日

習志野天文部コンサート

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

土曜日、家族で習志野天文部のコンサートに出かけました。

習志野天文部は、2012年の金環日食を機に結成された、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、ファゴット、ホルン、電子楽器のプロの音楽家によるアンサンブルです。

コンサートのプログラムも、ヨーゼフ・シュトラウスの「天体の音楽」やドビュッシーの「月の光」など、空や宇宙にちなんだ選曲。電子楽器はどうなるんだろうと思って見ていたら、パーカッションとして音を鳴らしていたり、「月の光」にシンセサイザーの宇宙っぽい音を重ねたりして、より幻想的な雰囲気になるスパイスのような存在でした。

途中、ホルン奏者の大森啓史さんが、アルプホルンやナチュラルホルンの現物を目の前に解説してくれました。

アルプホルンは雪の重さで曲がった木の根っこを利用して作られているんだよとか、ナチュラルホルンはバッハやモーツァルトの時代に使われていた楽器で、ベルの中の手の形で音程を調節するから味わい深い音色なんだよとか。

IMG_3994.JPG

そういった解説の後に聴く演奏は、とてもわくわくするものでした。











3月末まで、体験レッスンを受付中です。
(レッスン30分+面談15分程度…3,240円)

教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 14:14| Comment(0) | コンサート・ライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。