2016年11月24日

リトルピアニスト東京音楽大学見学・体験会2016

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

祝日の23日、ヤマハがやっている小学生向けのリトルピアニストという取り組みの一環で、東京音楽大学で見学・レッスン体験があったので、3年生の生徒さんとうちの娘で参加してきました。

IMG_3604.JPG

12時半の開会式から17時半の閉会式まで、班分けされての行動。5時間と思うと長いですが、細かくスケジュールが区切られていて、公開レッスンあり、ピアノ、声楽、室内楽の鑑賞あり、レッスンあり、コンサートありで、終わってみればあっという間でした。

吉田友昭先生に見ていただいた生徒さんも「帰ってすぐにピアノを弾きたい」と言って帰りました。先生に言われたことがすぐにできなくて悔しい思いもしたようですが、根気よく見ていただいて、帰ってすぐに改善したいと思ったようです。岡田敦子先生に見ていただいた娘も「レッスン楽しかった!なんか、うまくなったような気がする」と言っていました(笑)。拍子感のある演奏やピアノの音の減衰を予測してディミヌエンドする方法を教わりました。私の勉強にもなりました。

今回参加した二人は、決して音大に行こうと思っているわけでも、音楽で食べていこうと思っているわけでもありません。でも、二人とも自分で今回のレッスン体験を受けると決めました。音楽を真剣にやっている方々の言葉に直接触れて、よい刺激をもらえたように思います。

コンサートの講評をされた先生のお話で、小学生のうちは手指の骨の発達途中だから、無理な練習で手を痛めないように気をつけなければならいないけれど、自宅練習を習慣化することで、たとえ将来音楽で食べていかなくても、音楽を一生の友として親しめるから大事な時期なのだとおっしゃっていました。

音大の先生も街のピアノ講師も、同じ思いです。

「音楽を一生の友に」

素敵な言葉です。








教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー

☆お問い合わせメールフォーム☆←文字をクリック!

posted by H.I.M.kisarazu at 12:01| Comment(0) | セミナー・お勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。