2016年10月31日

10倍の差

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

土曜日は生徒さんのコンクール、日曜日は娘の水泳大会でした。

ピアノと水泳、どちらも競争の週末。

水泳の結果はわかりやすいです。「よーい、ドン」で誰が一番速いかが数字で出ますので。受け入れざるを得ません。泳いだ後は、反省点を自分で考えます。もちろん、コーチからのアドバイスも。

ピアノの結果は、スポーツほどわかりやすくはありません。圧倒的な演奏の方は発表される前にわかりますが(35名中3名くらいかな?)、ほとんどの方がボーダーラインの周辺という感じでした。それだけに、自分の演奏が素晴らしかった、賞をもらえるはずと思う場合、出た結果に「どうして?」と思うこともあるかもしれません。私は、生徒さんに手紙を書きました。もし賞がもらえても、審査員の先生の講評をよく読んで、次さらによい演奏ができるように、日々の練習に生かそう。もし賞がもらえなくても、審査員の先生の講評をよく読んで、次さらによい演奏ができるように、日々の練習に生かそう。結果がどちらでも、練習を頑張ったという事実と、次にさらによい演奏ができるように努力することは変わらないのだよと伝えました。今頃、生徒さんが自分なりに次のステップへの方法を考えてくれていると嬉しいです。

ただ、水泳もピアノも長く続けていれば、使う道具の差も気にせざるを得ないのかなと思います。

昨日、娘は初めて定価が3万円以上する高速水着を着て泳ぎました。着るだけでも大変で、40分かかった子もいるとか。しかも、繊細な生地なので、破けてしまうこともあるらしい。3万円の水着を1回で破ったら、ショックすぎる!でも、手触りがこれまでの水着とは明らかに違います。

3千円の水着と3万円の高速水着で、10倍の差。
20万円の電子ピアノと200万円のグランドピアノも、10倍の差。

しかし、10倍の差って、無視できない数字ですよね。本人の努力で埋まる差なのだろうか。

腰が痛くて、しばらく娘の大会を見にいけなかったけれど、昨日は行けました。頑張る我が子や生徒さんを応援するのは、幸せなものです。

競争って、世界の広さを教えてくれるものですよね。









教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー

☆お問い合わせメールフォーム☆←文字をクリック!

posted by H.I.M.kisarazu at 08:55| Comment(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。