2016年09月12日

想像力の種をiPadで

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

日曜日2件目の用事は、浜松町で石嶺尚江先生のiPadセミナーでした。

「ピアノレッスンにiPad?」と思うかもしれませんが、今はソルフェージュ用アプリも出ていますし、楽譜を見たり書き込めたりもできます。

当教室でも、レッスン前のウォーミングアップにiPadで譜読みやリズム打ちのアプリをやっています。iPadですとゲーム感覚でソルフェージュができるので、自分からやりたがる生徒さんも多いです。

昨日はiPadで、曲想のイメージ作りに使える画像や動画をパワーポイントでまとめました。

ブルクミュラーの「アラベスク」って、みんな弾くけど、どういう意味?

という疑問に、アラビア模様を見せて”視覚”で、アラビア風音楽を聴かせて”聴覚”で解説ができます。

IMG_3400.JPG

言葉だけで説明するよりも、具体的な曲のイメージをしながら演奏ができますね。

レッスンのアプローチの引き出しが増えて嬉しいです。今後はブルクミュラーだけでなく、オリジナルのネタを増やしていきたいです。

石嶺先生のブログにも、この日のことが書かれています。
縞々のワンピースの後姿は私です(笑)。

『初iPadレッスン』

この日は、さらに夜にホールでリハーサルがありました。ほぇ〜。








教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 08:52| Comment(0) | セミナー・お勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。