2014年03月15日

真舟小学校のホームページで校歌を公開中!

私が校歌を作曲させていただいた、木更津市立真舟小学校のホームページが完成したようです!校歌のページで、楽譜と音源がありますので、よろしかったら聴いてください。※ピアノ伴奏はmidi、歌はボーカロイドです。 4月7日の開校式では、校歌の伴奏、子どもたちへの指導をさせていただく予定です。真舟小学校に配属になった先生方は、1週間で校歌を覚えて歌えるようにするとのことです。真舟小学校に通う予定のお子様は、このホームページの音源を聴きながら、覚えてくださいね! 真舟小学校ホームページ 少しだけ、作曲者として、補足させていただきますね。 歌は、二部合唱です。主に、低学年は主旋律、高学年は対旋律を歌うことになると思います。一番盛り上がる「共に 共に」のところは、シンコペーションのリズムでぶつかる音(倚音)から解決するところの響きを十分に味わって、歌って欲しいです。 今回作った校歌には、伴奏に2つのバージョンがあります。歌の部分は、どちらも同じですが、伴奏だけ2種類あります。ホームページで公開されているのは、式典版になります。 正規版は、児童が伴奏を弾く時に無理なく手が届くように、オクターブを使わず、それでもきれいな響きになるように、主に5度、6度の左手の動きで演奏できるように作りました。これは、街のピアノ講師として、子どもたちに、「校歌の楽譜をそのまま弾けた!」という喜びを感じて欲しい、歌に寄り添い、一緒に盛り上がる演奏をして欲しいという私の願いを込めたものです。 一方、式典版は、音楽専科の先生が弾くことを念頭に置いて、オクターブを多用し、卒業式などの場でも映えるよう、音の重厚さを意識して作ったものです。小さな手の子には、ちょっと大変かもしれません。 実際の学校現場では、どちらのバージョンが使われるのか、私にはわかりません。個人的には、正規版の方が好きですが、市からの依頼で式典用を作りました。 校歌には「スタートライン」という題がついています。新設小学校としての門出、未来ある子どもたちのスタートライン。この校歌は、子どもたちがわくわくする未来に向かって、勇気を持って進んでいけるように作った応援歌です。 子どもたちが、笑顔で歌ってくれますように…。 今日も、応援ポチっと、よろしくお願いします! にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
posted by H.I.M.kisarazu at 08:31| Comment(0) | 真舟小学校
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。