2009年12月26日

引き出しが欲しい。

今日の夕方はリトミックのお勉強会でした。 音楽を言葉で説明する時に使う言葉、例えば「明るい・暗い・元気な・なめらかな・ワルツのように・マズルカ風に…」などから自分でいくつかの言葉を選び、その通りになるように即興でピアノを弾きました。 自分の思った通りに弾けばよいのに、難しかったです。弾いてみて気づきましたが、即興演奏をする時には自分のクセが出ますね。「いつもそっちの方に行ってしまう…行きたくなくても」という感じです。特に短調、要勉強。 即興はピアノ演奏だけでなく、身体の動きでもできます(コレオグラフィー)。 おなじみのブルグミュラー「アラベスク」では、左手の動きを足で表現し、右手の動きを手で表現しました。 その次は、ピアノ曲よりもパートの多いオーケストラのスコアを見ながら、音楽に合う動きを二人一組で考え、最後に発表しました。 即興の引き出し、もっと欲しいです。 リトミック、奥深いです。
posted by H.I.M.kisarazu at 23:41| Comment(0) | リトミック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。