2020年07月19日

後から教えられること・教えられないこと

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

あるオーディション番組を一気見しました。

受かる人、落ちる人、何が違うのか興味がありました。
そこには、短期間で人が成長する姿がありました。

オーディションに受かった人には、落ちた人よりも技術的に劣っている人もいました。
でも、審査員は「(テクニックなど)後から教えられることができるか、できないかを見ているのではない。成長の可能性を見ている。世の中によい影響を与える人になってほしいから、後から教えられない人柄や謙虚さも見ている」というようなことを話していて、妙に納得しました。

限られた時間で、成長しようとする姿勢を持ち続けられるか?
たとえ、ミスをしたとしても、落ちたとしても、なにかを学び次へ活かせるか?
人の指導を素直に聞けるか?

後から教えられない部分は、「価値観」に近いイメージです。

そこを共有できる方となら、一丸となって目標が達成できる気がします。

posted by H.I.M.kisarazu at 05:52| Comment(0) | レッスン日記