2019年05月08日

GWの風物詩 ラ・フォル・ジュルネ

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

長い連休が終わり、通常モードに戻りましたね。

通常モードに戻っても、「仕事いやだな」とは思わず、生徒さんたちのお出かけ話を聞くのが楽しみで、幸せなことだなと思います。みなさん、あまり練習してはいないかもしれませんが(笑)。

私も連休に心に残ったことを書いてみます。

東京・丸の内で毎年開催されている音楽祭のラ・フォル・ジュルネに行きました。東京国際フォーラムを中心に、丸ビルやTOKIAなど周辺施設でも一日中コンサートが企画されています。もはや、GWの風物詩といってもよいのではないでしょうか。

IMG_0484.jpg

私は多喜靖美先生のジャスミンピアノ弦楽四重奏団の整理券をもらうために、開演2時間前に並び、無事ゲット。無料ですが、指定席。

IMG_0485.JPG

会場は、東京TOKIAの1階。ステージ横を人が行き来する開放的な空間にも関わらず、プロが演奏し始めると、場の空気は一変してコンサートホールにいるようでした。

IMG_0489.JPG

プログラムは、シューマンの「ピアノ四重奏曲 変ホ長調Op.47」と、熊本陵平作曲「The Arabesque of Life〜dedicated to Ms.Yasumi Taki〜」。

多喜先生に捧げる曲ということで、作曲家の熊本先生ご本人も聴きにいらしてらっしゃいました。素敵な曲でした。シューマンの曲中にある「主旋律でないけれど、きれいに粒を揃えて弾くのが難しい和音の連打」が、かなりいい味を出していて、美しかったです。目に、耳に、心に、焼き付けました。私もあんなふうに弾けたらなぁ。

30分のステージでしたが、2時間のステージと同じくらい、心に栄養がもらえました。

IMG_0487.JPG

ランチしたお店から、皇居の一般参賀から帰るの人たちの波が見えました。



-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー


posted by H.I.M.kisarazu at 14:12| Comment(0) | コンサート・ライブ