2018年11月19日

浜松国際ピアノコンクール

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

今、浜松国際ピアノコンクールの真っ最中。

3次予選の様子がWebで観られます。

牛田智大さんの演奏を聴きたかったけれど、その時間はあいにくレッスン中。

2次予選後のインタビューを見ると、故 中村紘子さんへの思いに溢れていました。
既にプロとして演奏活動をしている立場として、コンクールを利用して、さらにどう成長するのか、見守りたいです。小さい頃からテレビに出演していたので、応援したくなっちゃいます。

3次予選は、12:30から21:00頃までやっていると思います。
(牛田さんは、今日の16:45頃の演奏)

観られる方は、ご覧になってみてくださいね。

浜松国際ピアノコンクール





教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 13:30| Comment(0) | レッスン日記

多喜靖美先生<『エコ奏法』という考え方>セミナー

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

日曜日、巣鴨の東音ホールで行われた多喜靖美先生の多喜靖美先生<『エコ奏法』という考え方>セミナーで、長時間ピアノを弾いても、手が痛くならない奏法についてお話を伺ってきました。

そもそもピアノを弾いて手が痛くなるのは、人間の自然な動きに反しているから。自然な動きを演奏に取り入れていけば、何時間弾いても痛くはならないとのことでした。

手の自然な形とは、自動車でいうニュートラルの状態で、オクターブ手を広げたとしても、鍵盤から話した瞬間にニュートラルな形に戻す。跳躍する場合も、手を広げたまませず、空中ではニュートラルの形をとる。

これはやってみると音を外しそうで怖いのですが、そこは小さいうちから鍵盤を見ずに弾くことに慣れることで、鍵盤と鍵盤の幅の感覚を身につけておくことで解決できるそう。

また、多喜先生には「ピアノで歌うこと」についても、ヒントをいただきましたので、早速レッスンに生かしたいと思います。






教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 07:19| Comment(0) | セミナー・お勉強

2018年11月14日

中1の生徒さん、アンサンブルコンテストで県大会へ

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

昨日、ニコニコしながら、レッスン室へ入ってきた中学1年生の生徒さん。

レッスンノートを開くと、「吹奏楽のアンコン(アンサンブルコンテスト)で県大会に出ることになりました!」とお母様からご報告が。

すぐに自分の口で報告しないところが中学生ですが(笑)、表情に嬉しさが溢れていました。

平日も土日も部活で、あまりピアノに時間が取れず、苦しくなって相談してきたこともありました。でも、レッスンはやめたいわけじゃない。ということで、月2回40分のレッスンにして、教材も変えました。

常々、私はピアノは勉強や部活の邪魔になるものでなく、息抜きや他の楽器演奏のプラスになるものだと思っています。でも、生徒さんもそう思えるのは、保護者の方のご理解があってこそ。

例えば、一人で演奏していてもハーモニー(和声)を感じてメロディを演奏したり、声部ごとに横の流れを意識して歌ったりすることは、きっとアンサンブルの役に立つと思います。

合唱の伴奏や吹奏楽など、生徒さんがいろいろな場面で音楽を楽しんでいる姿が見られるのは、嬉しいです。

suisougaku.png







教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 11:28| Comment(0) | レッスン日記