2017年11月14日

ピアノとヴァイオリンの楽譜を出版しました。

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

このたびミュッセにて、ピアノとヴァイオリン用にアレンジした
楽譜を出版することになりました!

ショパン「ワルツ(遺作)イ短調」です。
※曲名をクリックすると、購入ページに飛びます。

昨年の当教室の発表会では、ゲストにお迎えした千葉交響楽団ヴァイオリニストの小泉百合香さんと、
小学3年生の生徒さんが演奏しました。

ピアノは一人でも愉しめますが、アンサンブルで”聴く耳”を育てることは、
ソロの飛躍にも繋がるため、大切にしています。

初めての室内楽でも、たのしく演奏ができますように、と思いながら作りました。

ちなみに、ミュッセはネットで注文した楽譜を製本して郵送してくれるサービスです。
表紙の色や文字を自分好みの1冊にカスタマイズして、お手に取っていただけると幸いです♪

私は、このような表紙にしてみました!
musse_chopin.jpg

【追記】
<初版をご購入の方へ>
ショパンの「ワルツ(遺作)」ですが、25小節目のリピート開始記号が抜けておりました。申し訳ありませんが、書き足してご使用くださいませ。これからご購入予定の方は、12月に修正したものが再販いたします。よろしくお願い致します。




教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 09:09| Comment(0) | 教本・書籍

2017年11月09日

文武両道であるために

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

「文武両道は可能か?」

NY在住フリーライターである宮下幸恵さんの記事
心理学のプロが語る「デキる子」が陥りやすい罠
を読みました。

記事にある医学博士で臨床心理士の松村亜里さんへのインタビューによると、
文武両道であるためには、その人のプールの水(頑張る力と我慢する力)を漏らさないようにすることと、
うまく増やしていくのが大事ということでした。

プールの水を増やす方法は4つ。

栄養、睡眠、運動、それとポジティブな感情。

うちの子に足りているかな?どうかな?と、時々立ち止まって観察するといいですね。

また、能力は努力次第で伸びると思っている思考パターンである「しなやかマインドセットを育てるのは、
能力や結果を褒めるパーソンプレイズではなく、過程を認めてあげるプロセスプレイズ。」だそうです。

先日の私のブログ記事「お母様はガソリンスタンド」でも書きましたが、大事なのはやはり承認なのだと思いました。

昨日、バスケと合唱で休会していた生徒さんが、お母様と一緒にレッスンに来てくれました。

お母様が菓子折りをもってらっしゃったので、てっきり「時間がないからピアノはやめます」という
ご挨拶かなと身構えましたら、「本人が続けたいと言っているので、今後もよろしくお願い致します」
とのことでした。

本人の意志があるなら、両立は「可能」なんです。

バスケもピアノも合唱も勉強も、全力で応援しちゃいます!








教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 14:18| Comment(0) | レッスン日記

2017年11月08日

仮装大賞決定!

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

ハロウィン・ウィーク後の1週間は、仮装大賞の投票期間。
昨日集計が終わり、大賞が決定しました!

第1位は、「天空の城ラピュタ」のパズーとシータになったMちゃん、Hくんきょうだいです!!飛行石も手作りで、手が込んでましたね。おめでとうございます!

008 - コピー.JPG

ピアノも、勉強も、遊びも、本気で取り組む皆さん、素敵です!

来年も、期待しています(笑)♪





教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 10:03| Comment(0) | レッスン日記