2017年03月29日

熊谷麻里先生「生徒を長続きさせる教室運営」セミナー

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

月曜日、東京の田端で熊谷麻里先生のセミナーに参加しました。3回シリーズの最終回、テーマは「生徒を長続きさせる教室運営」質の高いレッスンとコミュニケーションです。

中学受験をする子でも、ピアノがちゃんと弾ける秘訣、続ける工夫などを伺いました。

受験前でもピアノを続けた子が志望校に受かり、受験のためにピアノをやめた子が受験に落ちている。開成などに通う子たちが、勉強のためにピアノをやめるどころか、クラスの男子がバリバリピアノを弾ける子ばかりなのでピアノをやめたがらない、というお話が印象的でした。

当教室にも、県内の難関中学の受験をする生徒さんがいますので、このお話を伝えました。

中学入学前に「これから勉強や部活で忙しくなるので、ピアノはやめます」という方がいますが、部活や勉強をしながらピアノもやってみた上で、大変だからやめますという方はいません。とりあえず、やってみたらいいのにと思います。意外と充実して楽しいのですよ。

バッハ、ショパン、ベートーヴェン、ジャズでもポップスでも、弾きたい曲がどんどん弾けるようになる中学生以降に、本当のピアノの面白さが待っています。

高校3年生まで頑張って続けたら、その後にブランクがあっても弾ける。でも、中学前でやめてしまうと、ブランクがあると弾けなくなってしまう。だから、ピアノは長く続けることが大事。

生徒さんの時間に余裕がある時もない時も、私は生徒さんのためにできることをしよう!と強く思いました。

熊谷先生の生徒さんや保護者の方とのコミュニケーションのとり方も、さすがでした。

できたらよいなと思うこと、簡単ではないことを当たり前のようにやってらっしゃる熊谷先生。憧れます。

17504315_1427322464005664_877287967710136067_o.jpg








3月末まで、体験レッスンを受付中です。
(レッスン30分+面談15分程度…3,240円)

教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 09:23| Comment(0) | セミナー・お勉強

2017年03月27日

石嶺尚江先生公開レッスン

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

日曜日、表参道にお住まいの先生のお宅で、石嶺尚江先生の公開レッスンがあり、当教室の生徒さんが参加しました。この生徒さんは昨年の春休みにも石嶺先生の公開レッスンで見ていただいたので、今回で2回目です。

2回目でも、多くのピアノ講師の前でレッスンを見られるというのは緊張すると思いますが、石嶺先生の言葉を「一言も漏らさないぞ!」という姿勢でレッスンを受けられたと思います。

10:30から16:00まで(お昼休憩はありましたが)、12名の方のレッスンを見学させていただき、私も大変勉強になりました。

レッスンを受けた生徒さんは、今後コンクールにチャレンジする予定なので、全ての経験を糧に成長してほしいです。

IMG_4026.JPG

あら!?踊ってる(笑)。






3月末まで、体験レッスンを受付中です。
(レッスン30分+面談15分程度…3,240円)

教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 16:12| Comment(0) | セミナー・お勉強

2017年03月21日

3月 ありのまま会

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室 H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

今月も、大人のミニおさらい会”ありのまま会”を開催しました。

今回は、春休みに入ったお孫さん2人を連れてきた生徒さんがいらっしゃいました。お孫さんは、ピアノを習っている男の子でしたので、何曲か演奏してもらいました。先週の卒園式で伴奏役を務めたとか。突然のお願いだったのに、暗譜でノーミスで弾いて、素晴らしかったです。

彼は「ドキドキした〜!」と言っていたけれど、みなさんに大きな拍手をもらって嬉しそうでした。

弟さんと2人、おもちゃや絵本で遊びながら、静かに大人の生徒さんの演奏を聴いてくれました。

IMG_4003.JPG

大人の皆さんも、アンサンブルの相談をしたり、連弾を弾いたり、楽しそうでした。

また、来月もやります!







3月末まで、体験レッスンを受付中です。
(レッスン30分+面談15分程度…3,240円)

教室ホームページ・お問い合わせは、バナーをクリック!
教室バナー
posted by H.I.M.kisarazu at 12:53| Comment(0) | レッスン日記