2037年03月16日

『いつもおそばに音楽を』

H.I.M.木更津は千葉県木更津市にあるピアノ教室です。

『いつもおそばに音楽を』

H.I.M.木更津は、生徒様の音楽のある豊かな生活を実現するため、ピアノレッスンによる音楽の基礎知識の習得を通じて、地域の文化の発展に貢献します。

お月謝などの詳細は、教室ホームページをご覧ください。

体験レッスンもございます。
(レッスン+面談で30分程度…3,000円+税)
体験レッスンの受付は、定員になり次第、締め切らせていただきます。

【2019年度の生徒募集について】

2019年11月25日現在、金曜日15:30〜16:00の枠のみ募集中
(その他のお時間は、満員となっております)
体験レッスンは、空き枠のお時間でレッスンに通える方にご案内をさせていただいております。
まずは、お問い合わせください。

また、現在新規の募集は「年少さん以上、大学生までのレッスンのみ」受け付けております。

よろしくお願い致します。

-----
LINE@をはじめました。
これからレッスンを始めたい方も、既に在籍している生徒さん、保護者様も、どなたでもご登録いただけます。

毎月1日前後にレッスンカレンダー(教室営業日)のお知らせ、その他不定期でイベントなどのご案内をできたらと思っております。

ご登録になりましたら、挨拶がてらにスタンプ一つでも送っていただけますと「個人対教室」でトーク可能になります。

こちらから、お問い合わせもしていただけます。
よろしくお願いいたします。

Let's click!

友だち追加

LIN@.PNG
-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー





posted by H.I.M.kisarazu at 11:43| Comment(0) | ごあいさつ

2020年01月16日

2020年 それぞれの目標

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

レッスンノートの巻頭に
1年の目標を書くページがあります。

生徒さんの目標を読んでいると、
感慨深いものがあります。
年齢別の成長の過程が
見えます。

まず、幼稚園児は目標といっても
何を書いてよいのやら??
という感じですが、

小学生は「強弱をつけて弾く」とか
「指番号を守って弾く」など
すぐ目の前のやることに
目が向くことが多いです。

さらに中学生になると、
「ピアノで自分を表現する」など
だいぶ視野が広くなってきます。

強弱をつけるのも、
そのことによってどう表現したいかも
考えるようになってきています。

さて、大人はどうかな?と
つい自分に甘くなることを
反省したりしています。

みんな、えらいな。

IMG_3385.jpg

先日、
金田付近から富士山がよく見えました。

今年はこんなすっきり快晴な1年に
したいですね。



-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー

posted by H.I.M.kisarazu at 12:21| Comment(0) | レッスン日記

2020年01月14日

自分で気づいて自分で直す

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

君津市民文化ホールのリハーサル室にて、
冬のおさらい会を開催しました。

IMG_3450_2.jpg

ホールでやる夏の発表会と違い、
選曲、楽譜の用意、練習も自分で、
という主旨の会です。

おさらい会の日時のお知らせを
してから、すぐに楽譜を用意して
練習を始める方もいれば、
1か月くらい経ってから
ようやく練習を始める方もいて、
取り組み方は様々でした。

こちらは、生徒自身で乗り越えるはず
と信じて待つのみ。もちろん、
助けを求めてくれば喜んで助けます。
お母様方は気が気じゃなかったかもしれませんね。

生徒同士の投票で選ぶ
『感動したで賞』になった3名は
基本のテキストをきっちり毎週やる方々でした。
私は票を入れていないけれど、
納得の結果。

IMG_3452 - コピー.jpg

おさらい会は
「自分で気づいて自分で直す」
ための場。

挑戦した皆さんは素晴らしい。
たとえ失敗しても、
今回気づいたことを
次へ活かして、また前に進めばいいんです。


-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー

posted by H.I.M.kisarazu at 10:35| Comment(0) | レッスン日記

2020年01月07日

「人生そのものが遊びであり学び」

こんにちは。
『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

勝手に自分で決めた今年のテーマ、
「遊ぶ」について、
もう少し掘り下げます。

写真家・幡野広志さん
人生相談コーナーが好きで
よく読んでいます。

共感したところを
いくつか紹介しますね。

ぜひリンク先のお二人の文章を
読んでみてください。
※青字は引用です。

『好きなことを勉強し、好きなことを遊べ』
より。

「アイデンティティは
いくつもあったほうがいいの、
仕事でも遊びでも。 」


ほんと、そう思います。

幡野さんの回答に対する
医師・西智弘さんのご意見も。
『大学とはなんだ〜幡野さんへの返歌|西智弘(Tomohiro Nishi)|note』
より。

「勉強を遊びの対極に位置付けて、
面白くなくしているのって
大人の責任じゃないのかな。」


気を付けようと思う自分と、
勉強と遊び、仕事と生活を
対極に分ける必要性を
年々感じなくなってきている自分がいます。

勉強と遊び、
仕事と生活、
どちらも
「学ぶことって楽しくてやめられない」
「人生そのものが遊びであり学び」

ですよね。




-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー

posted by H.I.M.kisarazu at 10:05| Comment(0) | つぶやき

2020年01月06日

2020年年頭のご挨拶

『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市のピアノ教室
H.I.M.木更津の萩本亜矢です。

皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。
皆様にとってすばらしい一年になりますよう
心からお祈り申し上げます。

当教室は
本日から今年のレッスン開始です。

年始のレッスンにあたり、
頭に浮かんだ今年のテーマは
「遊ぶ」でした。

この年末年始に読んだ本、
子どものための哲学対話/永井均

先日ブログでも紹介しました
「遊ぶ」が勝ち/為末大
にも
時間を忘れて熱中するものとして
「遊び」を取り上げていました。

生徒さんにとってのピアノが
思わず夢中になってしまう
「遊び」になると願うように
なりました。

はて、
そのようなレッスンとは?

一つ言えるのは、
その「遊び」は真剣である、
ということ。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


IMG_3285.jpg

2020年元旦の富士山
アクアラインより。



-----
教室ホームページは、バナーをクリック!
教室バナー

posted by H.I.M.kisarazu at 13:11| Comment(0) | ごあいさつ